新刊

古墳時代銅鏡論考

著者 下垣 仁志
ジャンル 考古学 > 古墳・歴史時代
出版年月日 2018/06/01
ISBN 9784886217936
判型・ページ数 B5・482ページ
定価 本体12,963円+税
在庫 在庫あり
膨大な研究史を綿密に整理し、精緻な分析を通して課題を抽出。さらに埋葬人骨と副葬鏡、古文献と鏡の対応関係、江戸期の出土鏡をめぐる知識人ネットワークの実態など、斬新な諸論考を収録。透徹した視点で出土鏡の全貌を解明する。
序 論

第Ⅰ部 倭製鏡論
 第1章 倭製鏡研究の意義
 第2章 倭製鏡研究の展開
   第一期(江戸期~19世紀後半)
   第二期(19世紀末~1910年代前半)
   第三期(1910年代後半~20年代)
   第四期(1930年代~40年代)
   第五期(1950年代~70年代中頃)
   第六期(1970年代後半~80年代)
   第七期前半期(1990年代)
   第七期後半期(2000年代~)
 第3章 倭製鏡研究の課題と展望

第Ⅱ部 銅鏡論考
 第1章 鏡の名前――総称篇――
 第2章 弥生「龍」の残映
 第3章 副葬鏡と被葬者
 第4章 古文献と鏡
  ◇第4章付編 古文献の鏡関連記事
 第5章 失われた鏡を求めて

関連書籍

同じジャンルの商品

SHOPPING ご注文

12,963円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

お知らせ

もっと見る

イベント

10/21(日)日本考古学協会静岡大会(於:静岡大学)に出店いたします!! - 2018.10.17

イベント

セブンネットショッピングにて歴史書懇話会50周年フェア開催中! - 2018.09.19

PR

8/22付『福井新聞』朝刊に外岡慎一郎著『「関ヶ原」を読む』紹介記事掲載。 - 2018.08.30

PR

7/20『朝鮮新報』にて『北朝鮮の博物館』訳者3名が同書の魅力を語る! - 2018.08.02

イベント

東京国立博物館の縄文展に合わせ、合同企画「JOMONを発掘だ!」フェア 終了 - 2018.07.06

PR

6/24付『毎日新聞』朝刊に張慶姫著/池貞姫他訳『北朝鮮の博物館』紹介掲載。 - 2018.07.03

PR

小寺智津子著『古代東アジアとガラスの考古学』「第8回日本考古学協会奨励賞」受賞! - 2018.05.29

PR

12/17付『河北新報』に『津波災害痕跡の考古学的研究』紹介掲載 - 2017.12.19

PR

10/1付『伊勢新聞』に『古墳の方位と太陽』書評掲載 - 2017.10.12

PR

小茄子川歩著『インダス文明の社会構造と都市の原理』が「日本南アジア学会賞」受賞! - 2017.09.25

PR

後藤彰信著『石川三四郎と日本アナーキズム』の紹介及び書評情報 - 2017.08.24

PR

廣瀬覚著『古代王権の形成と埴輪生産』が「第7回日本考古学協会大賞」を受賞! - 2017.08.24

PR

2/5付『朝日新聞』に『江戸時代史叢書4 江戸の火事』紹介記事掲載 - 2017.02.10

PR

1/26付『読売新聞』関西版夕刊に『百舌鳥・古市古墳群』紹介記事掲載 - 2017.02.07

PR

10/30付『北海道新聞』に『国指定史跡 カリンバ遺跡と柏木B遺跡』紹介記事掲載 - 2016.11.07

PR

『月刊 地理』2016年11月号に『景観考古学の方法と実践』書評掲載 - 2016.11.07

PR

10/23付『日本農業新聞』で『コメを食べていなかった?弥生人』が紹介されました - 2016.11.07

PR

『考古学研究』250号に『遺跡保護の制度と行政』書評掲載 - 2016.09.30

イベント

ホームページリニューアルオープン! - 2016.09.16