新刊

「関ヶ原」を読む

戦国武将の手紙

著者 外岡 慎一郎
ジャンル 歴史 > 中世史
出版年月日 2018/02/28
ISBN 9784886217875
判型・ページ数 4-6・192ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
関ヶ原合戦に至る様々な時点・場所で交わされた武将たちの手紙を読み、彼らの思惑と計略、迷いと決断をとらえ、合戦の深層に迫る。
第一章 女たちの関ヶ原・断章  
 1 芳春院、「証人」として江戸へ向かう  
 2 加賀から家老四人の「証人」が江戸に向かう?  
 3 長岡忠興、大坂政変への対応を家臣に指示する  
 4 加藤清正、松井康之に策を提案する  
 5 松井康之ら、加藤清正に近況を伝える  
 6 大谷吉継、松井康之を「京方」に誘う  

第二章 伏見城陥落の日に  
 1 鍋島勝茂、毛利吉政とともに伏見城攻略に加わる  
 2 大谷吉継、北国に向かう
 3 石田三成、北庄の青木一矩を激励する
 4 黒田如水、中川秀成に上方の近況を伝え、連携を強める  
 5 黒田如水、吉川広家に人質を預かるよう依頼する  
 6 脇坂安治、山岡道阿弥を介し家康と音信を通じる  
 7 毛利輝元・宇喜多秀家、薩摩の島津忠恒に出陣を促す
 8 「北国口」に木下利房・勝俊の軍勢が加えられる
  
第三章 家康完勝への途
 1 黒田長政、吉川広家を通じて毛利輝元を調略する 
 2 福島正則、浅野長政に戦勝を伝える
 3 家康、江戸を発つ
 4 前田利長も動く
 5 京極高次、大津城に籠り「関東方」の旗を上げる
 6 加藤清正、家康に決意を伝える 

付表 関ヶ原の戦い関連年表

同じジャンルの商品

SHOPPING ご注文

2,000円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

お知らせ

もっと見る

PR

7/20『朝鮮新報』にて『北朝鮮の博物館』訳者3名が同書の魅力を語る! - 2018.08.02

イベント

東京国立博物館の縄文展に合わせ、合同企画「JOMONを発掘だ!」フェア開催中! - 2018.07.06

PR

6/24付『毎日新聞』朝刊に張慶姫著/池貞姫他訳『北朝鮮の博物館』紹介掲載。 - 2018.07.03

PR

小寺智津子著『古代東アジアとガラスの考古学』「第8回日本考古学協会奨励賞」受賞! - 2018.05.29

PR

12/17付『河北新報』に『津波災害痕跡の考古学的研究』紹介掲載 - 2017.12.19

PR

10/1付『伊勢新聞』に『古墳の方位と太陽』書評掲載 - 2017.10.12

PR

小茄子川歩著『インダス文明の社会構造と都市の原理』が「日本南アジア学会賞」受賞! - 2017.09.25

PR

後藤彰信著『石川三四郎と日本アナーキズム』の紹介及び書評情報 - 2017.08.24

PR

廣瀬覚著『古代王権の形成と埴輪生産』が「第7回日本考古学協会大賞」を受賞! - 2017.08.24

PR

2/5付『朝日新聞』に『江戸時代史叢書4 江戸の火事』紹介記事掲載 - 2017.02.10

PR

1/26付『読売新聞』関西版夕刊に『百舌鳥・古市古墳群』紹介記事掲載 - 2017.02.07

PR

10/30付『北海道新聞』に『国指定史跡 カリンバ遺跡と柏木B遺跡』紹介記事掲載 - 2016.11.07

PR

『月刊 地理』2016年11月号に『景観考古学の方法と実践』書評掲載 - 2016.11.07

PR

10/23付『日本農業新聞』で『コメを食べていなかった?弥生人』が紹介されました - 2016.11.07

PR

『考古学研究』250号に『遺跡保護の制度と行政』書評掲載 - 2016.09.30

イベント

ホームページリニューアルオープン! - 2016.09.16