古代王権の形成と埴輪生産

著者 廣瀬 覚
ジャンル 考古学 > 古墳・歴史時代
出版年月日 2015/05/26
ISBN 9784886216939
判型・ページ数 B5・304ページ
定価 本体10,000円+税
在庫 在庫あり

古墳祭祀は列島各地でどのように展開したのか。埴輪の製作技法や工人の移動などを具体的に解き明かすことで、古代王権の構造と各地の地域勢力との関係を究明する。

序章 古代王権論における埴輪研究の射程(王権形成と古墳/埴輪研究の現在/本書の目的/本書の構成と方法)
第Ⅰ章 埴輪の成立過程再論(埴輪成立の認定をめぐって/加飾壺からの道筋/特殊器台・特殊壺からの道筋/埴輪の成立過程の実像)
第Ⅱ章 王権中枢部における埴輪の様式構造(王権中枢部埴輪様式の検討課題/前半期埴輪編年の再検討/製作技術からみた前半期の埴輪様式/前半期埴輪様式の構造と特質/大王墳の墓域移動と埴輪様式/王権中枢部の埴輪編年)
第Ⅲ章 王権周縁部における埴輪の受容と展開(各地域の動向/王権周縁部からみた前半期の埴輪の展開過程/王権周縁部からみた埴輪の様式と編年)
第Ⅳ章 壺形埴輪の広域展開とその意義(二重口縁壺の諸型式/製作技法からみた二重口縁壺相互の関係/壺形埴輪の成立契機/壺形埴輪の展開事例の検討/壺形埴輪の広域展開の背景)
第Ⅴ章 列島各地における埴輪の受容と展開(モデルの設定と分析視角/西日本各地への円筒埴輪の伝播と展開/東日本各地への円筒埴輪の伝播と展開/列島各地における埴輪の展開過程の特質)
第Ⅵ章 埴輪生産組織の諸相とその背景(同工品識別と工具、工房、製作グループ/前期における中小古墳の分析事例/前期における巨大古墳の分析事例/王権中枢部における中・後期の埴輪生産組織/埴輪生産組織の時間的・空間的諸相)
終章 古代王権の形成と埴輪生産(各章の概要/埴輪からみた古代王権の構造/埴輪からみた古墳祭祀の展開と地域関係/今後の課題と展望)

同じジャンルの商品

SHOPPING ご注文

10,000円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍