• 「物質性」の人類学

    ―世界は物質の流れの中にある―
    古谷嘉章・関雄二・佐々木重洋編
    物質性(物性・感覚性・存在論)に照準を定め、世界とその中で生きる人間のあり方の根幹を明るみに出す、文化人類学の新しい挑戦。

  • 東北アジアの初期農耕と弥生の起源

    宮本一夫著
    考古学的分析から東北アジアの農耕化の過程を論証、環境変動や言語系統論と結びつけながら列島における縄文から弥生への変動期を描く。

  • 地域社会の文化と史料

    東四柳史明編
    史料研究の第一線で活躍する執筆陣が加賀地域を中心に古代から近代の様々な史料を取り上げ、地域社会における文化の多様性を描き出す。

  • 古代寺院造営の考古学

    ―南山城における仏教の受容と展開―
    中島 正 著
    京都府南部地域の仏教遺跡を対象として「国家仏教」と「氏族仏教」の相克を丹念に追究。当該地での仏教文化の受容と展開の実相に迫る。

  • 東アジアと百済土器

    土田純子著
    現在、韓国の大学で教鞭をとる著者が、日韓古代史に影響を与える百済土器について韓国の膨大な考古資料から抽出して、編年観を提示。

  • 古代寺院の土地領有と荘園図

    三河雅弘著
    八世紀の古代荘園図を作成過程・契機等に着目して検証。寺領のタイプ・領有形態を分類し、寺院による土地領有の歴史的展開を解明する。

  • 火と縄文人

    高田和徳 編
    巧みに火を利用していた縄文人。その実態について御所野遺跡の事例や民俗学の見地もふまえつつ総合的に検証し縄文人の世界観に迫る。

  • 百舌鳥・古市古墳群

    ―東アジアのなかの巨大古墳群―
    一瀬和夫 著
    なぜ巨大な前方後円墳は築かれたのか? ほぼ同じ時期に展開した大阪府百舌鳥古墳群と古市古墳群の特徴を紹介し、東アジア史の視点から、その造営の謎に迫る。

  • 遺跡でたどる邪馬台国論争

    中村俊介著
    邪馬台国論争で争点となる数多の遺跡について最新の調査成果と研究動向をわかりやすく紹介。論争を通して弥生社会の実像に肉薄する。

  • 文明・自然・アジール

    ―女領主井伊直虎と遠江の歴史―
    夏目琢史著
    三つの概念を自在に操り、南北朝から戦国期の250年を一大転換期であると論証。遠江の井伊直虎を軸に平明な文体で大胆に描く野心作。

新刊書籍